ニキビと肌バリア

肌トラブルニキビなどの肌トラブルは美肌を目指す女性にとって天敵とも呼べる存在です。少なくとも歓迎すべきものではないというのは確かでしょう。このような天敵に対処するには肌のバリア機能を高めるのが有効だそうです。では、そもそも、肌のバリア機能とはどのようなものなのでそうか。そして、その対策はどうすれば良いのでしょうか。

まず、肌のバリア機能についてですが、こちらは皮脂膜、角質層、皮膚常在菌という3つのバリア機能が存在します。こちらは、皮脂膜は体から分泌される皮脂で天然のクリームを作り水分の蒸発を防ぎ、角質層では硬い膜を作ることによって外部刺激から肌を守ります。また皮膚常在菌はニキビの原因となる菌もいますが、通常は皮膚を守る働きを持っています。そのため、皮膚常在菌のバランスをキープすることで肌トラブルの対策にも繋がるのです。また、セルフチェックの方法には、外部からの刺激に対して敏感になることが重要です。季節の変わり目などに肌荒れしやすかったり、刺激の強い化粧品に弱い人などは要注意でしょう。このような弱ったバリア機能を高めるためには洗顔剤やボディソープなどを変えてみたり、まったく肌に対して刺激を与えない肌断食などをすることがおススメだそうです。さまざまな対策を講じることによって、肌のバリア機能は高まっていくと言います。

ニキビがチャームポイントだと多くの人が認める時代はなかなか来そうにありません。事前の対処が必要となります。この記事にはそれが書かれていますので、是非読んでください。