セルフケアの方法

肌のバリア機能を高めるためのスキンケア対策にはどのようなものがあるのでしょうか。自分本来の肌の美しさを保つために必要だとされている肌のバリア機能を高めることによって、肌トラブルの軽減や、炎症やニキビなどによる色素の沈着の心配も少なくなるそうです。スキンケアの方法を知っておくことで、肌への良い影響が期待できます。

ボディソープまず、第一に洗顔剤やボディソープを変えてみましょう。「合成界面活性剤」は洗浄剤によく使われる薬剤ですが、あまりに洗浄力が強いため肌のバリア機能を壊してしまうケースがあります。そのため、ボディーソープや洗顔剤を選ぶときには「合成界面活性剤不使用」とハッキリと書かれているものを選びましょう。

次に試したいのが「肌断食」です。意外かもしれませんが、化粧水や乳液、クリームなどのスキンケアをすることによって肌が皮脂の分泌をしなくなってしまうという意見もあります。このような事態を避けるために、家で過ごす時は肌に刺激を与えない時間を作るというのも良いのだそうです。

肌のバリア機能を高めるためには、まず合成界面活性剤を使用していない洗顔剤やボディソープを選び、そして肌断食を行うのが良いそうです。これらを使ってバリア機能を高めましょう。

セルフチェック

肌のバリア機能が正常に働いていないことでニキビが発生してしまう可能性があるそうです。そうならないためにも自分でバリア機能が働いているか確認することが必要です。肌のバリア機能はどうすればセルフチェック出来るのでしょうか。

チェックまず第一に、季節の変わり目に肌荒れや炎症を起こしていないかどうかチェックしましょう。季節が変わると湿度や温度が変化するため、肌への刺激が強くなります。次に、生理の前後に肌トラブルが起きやすいという人も要注意です。こちらはホルモンバランスが崩れるため、少しの変化でも肌にダメージが残りやすい時期です。また、刺激の強い化粧水や、髪の毛が当たるだけでもかゆみを感じたりする人も肌バリアの衰えを疑うべきです。汗をかいたりするだけでも肌にかゆみなどの異常を感じるという人も同様に肌バリア機能が低下しているといえるでしょう。さらに、ストレスを受けたときに肌への影響が出やすい人も、肌のバリア機能を向上させる必要があるようです

肌のバリア機能に関して疑わしい点が1つでも見つかった場合、これは直ちに対処するべきだという意見もあります。スキンケアの基本は肌のバリア機能にあるため、これを怠るとニキビなどの肌トラブルに繋がるかもしれません。

バリア機能の働き

バリア肌のバリアには3つの機能があると言われています。この機能が正常に働くことによって肌はホコリや花粉といった刺激物からの侵入を防いだり、紫外線や乾燥からも肌を守ってくれるのです。では、この3つの肌のバリア機能について知っていきましょう。

まず第一に皮脂膜と呼ばれるものがあります。これは、皮脂腺という毛穴にあるところから分泌される皮脂で出来ています。油や脂肪酸、水や弱い界面活性剤などといった成分から出来ています。脂肪酸や脂肪酸エステルといった皮脂に含まれているものが天然の界面活性剤として働き、汗腺から分泌される汗を皮脂を乳化させるのです。これが天然のクリームとなって外部の刺激から肌を守り、水分の蒸発を防いでうるおいを守ります。

角質層と呼ばれる部分は、古い死んだ細胞です。こちらは表面に押し上げられることで固い皮を作って肌を守ります。これも外部刺激から肌を守り、水分の蒸発を防ぎます。ターンオーバーによって古い角質は自然と剥がれ落ちるので安心です。

さらに、皮膚常在菌という菌が顔でさまざまな働きをしています。ニキビの原因となる菌もいますが、皮膚常在菌のバランスを保つことで、ニキビ対策にも有効に働くのです。

ニキビと肌バリア

肌トラブルニキビなどの肌トラブルは美肌を目指す女性にとって天敵とも呼べる存在です。少なくとも歓迎すべきものではないというのは確かでしょう。このような天敵に対処するには肌のバリア機能を高めるのが有効だそうです。では、そもそも、肌のバリア機能とはどのようなものなのでそうか。そして、その対策はどうすれば良いのでしょうか。

まず、肌のバリア機能についてですが、こちらは皮脂膜、角質層、皮膚常在菌という3つのバリア機能が存在します。こちらは、皮脂膜は体から分泌される皮脂で天然のクリームを作り水分の蒸発を防ぎ、角質層では硬い膜を作ることによって外部刺激から肌を守ります。また皮膚常在菌はニキビの原因となる菌もいますが、通常は皮膚を守る働きを持っています。そのため、皮膚常在菌のバランスをキープすることで肌トラブルの対策にも繋がるのです。また、セルフチェックの方法には、外部からの刺激に対して敏感になることが重要です。季節の変わり目などに肌荒れしやすかったり、刺激の強い化粧品に弱い人などは要注意でしょう。このような弱ったバリア機能を高めるためには洗顔剤やボディソープなどを変えてみたり、まったく肌に対して刺激を与えない肌断食などをすることがおススメだそうです。さまざまな対策を講じることによって、肌のバリア機能は高まっていくと言います。

ニキビがチャームポイントだと多くの人が認める時代はなかなか来そうにありません。事前の対処が必要となります。この記事にはそれが書かれていますので、是非読んでください。